小児整形外科

小児整形外科とは

小児整形外科画像

小児整形外科は、主に乳幼児から学齢期のお子さまによく見られる怪我や病気の診断・治療を行なう専門診療科です。ご承知のとおり、お子さまは段々と骨や筋肉が成長し、身長が伸びていきます。このような発達段階にあるため、大人とは異なった視点で病気や怪我を見極める必要があります。

当院においても、身体の成長過程をしっかりと踏まえ、怪我による後遺症が起こらないよう配慮しながら治療を進めております。気になる症状のある方、お子様の成長でお悩みの方は、何でも気兼ねなくご相談ください。

小児整形外科の主な疾患

先天性関節脱臼 O脚 X脚 若木骨折 など

先天性股関節脱臼

先天的に股関節の状態が不安定になっているため、股関節が脱臼を起こした状態です。女児に圧倒的に多く見られます。足を動かしたときにポキポキと音がする、歩き始めが遅かった、足を引きずるようにしている、両足の長さが異なっている。このような状態のときは先天性股関節脱臼の疑いがありますので、お早めに小児整形外科を受診して下さい。

O脚

両膝が身体の外側に湾曲した状態をO脚と呼んでいます。左右の内くるぶしを揃えても、両膝の内側がくっつかないため、アルファベットのOのように見えます。通常、乳幼児の時期の膝は生理的O脚となっていますが、徐々に治っていきます。その後、X脚傾向の時期を経て、7歳頃には概ね成人と同じような膝の角度となります。

そのため、大半は治療の必要性がないのですが、なかには靭帯の異常、先天的な形態異常によって起こるケースもあります。歩き始めたころにO脚が目立つ場合は、一度、小児整形外科を受診すると良いでしょう。

X脚とは

O脚とは逆に、両膝が内側に湾曲した状態です。左右の膝の内側を揃えても、左右の内くるぶしが接しないため、両脚がXのように見えます。通常は2歳ごろからX脚傾向となるので、この時期ならば問題ないのですが、7歳を過ぎてもX脚がなかなか治らないときは注意が必要です。

若木骨折

骨が完全に分離してしまうのではなく、若木の枝を折り曲げたようになるタイプの骨折です。小児期の骨はまだ軟らかいので、ポキリと折れて離断するのではなく、不完全な形で曲がってしまうことがあります。このような場合でも整形外科医による治療が必要なのですが、幼児の場合、あまり痛がらないことも多いようです。しかし、適切な治療を行なわないと、骨の成長が止まったり、変形を来たすことがあるので注意が必要です。

いずみ野整形外科

院長

川原英夫

診療科目

整形外科、リハビリテーション科、リウマチ科

電話

045-800-5502

住所

〒245-0016
横浜市泉区和泉町5627-1
サザンヒルズいずみ野1F

最寄り駅

相鉄いずみ野線「いずみ野駅」
南口から徒歩1分

受付時間

日祝
9:00~12:30
15:00~19:00

休診日:日曜・祝日  ●:14:00~17:00