スポーツ整形外科

スポーツ整形外科について

スポーツ整形外科画像

スポーツ整形外科で扱う怪我には、運動時の外力によって起こるスポーツ外傷と、筋肉や骨を継続的に酷使したことによる慢性スポーツ障害があります。これらの治療は一般の整形外科と若干異なっており、それぞれのスポーツ種目の特殊性などを理解した上で対応していくことになります。具体的には、運動療法や装具療法、手術療法、リハビリテーションを総合的に検討して治療を進めていきます。

さまざまな要素を考慮して治療

当院では、スポーツによって障害を負われた方に対し、患部の治療を行うだけでなく、再発予防などの対策にも取り組んでおります。例えば、運動中に捻挫をしたケースならば、十分なストレッチングや筋力強化を行い、運動時の適切な身体の動かし方なども指導します。これにより、再びスポーツ外傷を起こすリスクを減らすことが出来るのです。スポーツ外傷は再発予防策も重要となりますので、実際に怪我をされた方のみならず、今後、けがを予防して競技成績の向上を目指している方も、お気軽にご相談ください。

スポーツ外傷を予防するには

十分なウォーミングアップ

運動前にしっかりとウォーミングアップを行います。これにより、関節や筋肉の柔軟性が高まり、運動中の激しい動きにも対応しやすくなります。

正しいフォーム

間違ったフォームでスポーツを行うと、筋肉や骨に無理な過重がかかり、筋肉損傷のリスクが高まります。そうならないよう、正しいフォームを身に着けることが大切です。

適度な水分補給

運動時は汗をかきやすくなりますので、体内の水分が失われていきます。そのため、集中力が低下し、怪我をしやすくなります。運動前の水分補給とともに、運動中も必要に応じて水分をとるようにして下さい。

適度なトレーニング

一般的には、筋肉などに負荷をかけることで運動能力が向上していきます。しかし、運動のやりすぎは、かえってトレーニング効果を下げるだけでなく、骨折などのリスクを高めてしまいます。運動中に苦痛を感じたときなどは、運動強度を下げたり、休息をとったりするようにして下さい。

運動後のクールダウン

運動を行うと、体の中には疲労物質が溜まっていきます。また、運動による負荷や衝撃により、筋肉や血管などの組織も部分的な損傷を受けているのです。こうした損傷は、代謝を高め、筋肉などを活性化する大きな効果があるのですが、適切にクールダウンさせないと、逆にスポーツ障害を引き起こしかねないのです。運動前のウォーミングアップと同様、運動後のクールダウンも忘れずに行いましょう。

いずみ野整形外科

院長

川原英夫

診療科目

整形外科、リハビリテーション科、リウマチ科

電話

045-800-5502

住所

〒245-0016
横浜市泉区和泉町5627-1
サザンヒルズいずみ野1F

最寄り駅

相鉄いずみ野線「いずみ野駅」
南口から徒歩1分

受付時間

日祝
9:00~12:30
15:00~19:00

休診日:日曜・祝日  ●:14:00~17:00