整形外科

整形外科とは

整形外科画像

整形外科は、身体の土台となる骨や関節などの骨格、筋肉、神経に関する怪我や病気を専門に扱う診療科です。非常に幅広い疾患を対象としており、慢性的な領域では、肩こりや腰痛、膝痛など、日常的によく見かける身体の痛みや不調を改善させます。急性的な領域では、骨折や脱臼、擦り傷、切り傷、やけどなどを治療。さらには、人工関節手術なども整形外科で対応いたします。

整形外科のかかりつけ医です

当院は、この地域にお住まい・お勤めの皆さまにとって身近な整形外科の「かかりつけ医」として、怪我や病気の治療を幅広く行っています。患者さまとのコミュニケーションを大切にしながら、丁寧な初期診療を行いますので、お気軽にご受診ください。なお、高度医療や入院加療、大規模な手術が必要と判断された場合は、適切な医療機関や専門医をご紹介いたします。

このような症状を治療します

  • 肩が痛い、肩がこる
  • 腕が上がらない、無理に動かすと痛みがある
  • 手足がしびれる
  • 腰が痛い
  • 歩行時に膝が痛む
  • 怪我をしてから身体がよく動かなくなった
  • 関節などを動かすと痛みが走る
  • 手術後のリハビリテーション
  • 交通事故による外傷

など

整形外科で扱う主な怪我・病気

肩こり 腰痛 膝の痛み 股関節の痛み 骨折 捻挫 骨粗しょう症 痛風 など

肩こりについてはこちら 腰痛についてはこちら 膝の痛みについてはこちら 股関節の痛みについてはこちら

骨折

骨はもともと柔軟性や弾力性があるのですが、過度な力などが加えられると、骨が変形したり、折れてしまうことがあります。大きな骨折の場合は、患者さま自身も治療の必要性を感じていますので、医療機関で適切な治療が為されますが、小さな骨折では、若干の痛みを感じていても受診せずに放置され、長期にわたって癒合しないままのこともあります。長引く痛みや違和感がある場合は、一度、整形外科などで診察を受けてみると良いでしょう。

治療にあたっては、出来る限り早く医療機関を受診し、骨を縫合する必要があります。開放骨折の場合は、感染症のリスクも高いので、特に注意を要します。単純骨折で骨の転移が無いケースならば、患部をそのまま固定し、しばらく安静にします。骨の転移がある場合は、手術などでその部位を修復し、ギプスなどを用いて一定期間固定します。開放骨折ならば、感染症を阻止しながら骨の癒合を目指します。

捻挫

捻挫は、関節に力が加わって起こる怪我ですが、骨折や脱臼には至っていません。様々な関節で起こりうるのですが、膝の関節と足関節でよく起こります。医学用語では、損傷部位を限局し、右膝前十字靭帯損傷(膝の捻挫)、右母指MP関節内側側副靭帯損傷(親指の第二関節捻挫)などと呼ぶことが一般的ですが、いずれの場合でも、医療機関できちんと治療を受けることが大切です。

専門医のもとで治療を行うことにより、徐々に痛みは治まり、日常生活に支障が出なくなります。但し、運動を行ったときや、季節の変わり目などに鈍痛が再燃することもありますので、しばらく理学療法を続けることもあります。

骨粗しょう症についてはこちら

痛風

痛風とは患部が風に当たるだけでも痛いとされるものですが、多くはその表現が適切と言われるほど激しい痛みが起こるケースが多く見られます。この痛風は、高尿酸血症を発症している患者様に見受けられ、全患者のおよそ9割が成人男性と言われています。

なお高尿酸血症とは、血液中に尿酸が多くなりすぎている、あるいは尿酸排泄が低下している、もしくはその両方の症状がある場合に発症すると言われています。診断の有無は血液中の尿酸値を測定して判断しますが、血液検査で尿酸値が7.0mg/dl以上と測定されると高尿酸血症と診断されます。ちなみにこの状態は、痛風発作がいつ起きてもおかしくないとも言えます。さらに痛風以外にも尿路結石、腎障害、心疾患、脳血管障害といった合併症のリスクも高まりますので、速やかに治療を行うようにします。

いずみ野整形外科

院長

川原英夫

診療科目

整形外科、リハビリテーション科、リウマチ科

電話

045-800-5502

住所

〒245-0016
横浜市泉区和泉町5627-1
サザンヒルズいずみ野1F

最寄り駅

相鉄いずみ野線「いずみ野駅」
南口から徒歩1分

受付時間

日祝
9:00~12:30
15:00~19:00

休診日:日曜・祝日  ●:14:00~17:00